マジカルメール利用規約

株式会社マジカルポケット(以下「当社」という)は、マジカルメール利用規約(以下「本規約」という)に基づいてサービス(以下「本サービス」という)を提供いたします。

事前に、以下の規約をお読みいただき同意の上でご利用ください。

1.サービス規約

本サービスは、本規約に従って提供されています。本サービスをご利用の場合は、本規約を理解したものとみなします。

本サービスのご利用に起因して生じた機器等の誤作動及びデータのダウンロード等における障害によって被った損害、本サービスに含まれる情報のご利用によって被った損害、本サービスからリンクが設定されている他のウェブサイトから取得された情報のご利用によって被った損害について、当社は責任を負うものではありません。

2.サービスの利用

本サービスをご利用になる場合には、インターネットに接続し、本サービスが提供されるウェブページにアクセスしていただく必要があります。

また、本サービスは、利用者の環境として

(1)日本語が利用可能であること
(2)Windows XP以降のOS
(3)Internet Explorer 7以降
(4)CookieとJavaScriptの利用が可能であること

を前提に提供しています。Macintosh、LINUX等での動作環境テスト・接続保証などは行っておりません。

利用者は自らの責任と費用において、本サービスへアクセス可能な機器、ソフト、環境を準備した上で本サービスを利用するものとします。

また当社によって提供されているインターフェイス以外の手段を用いて、本サービスにアクセスしてはならないものとします。

3.禁止事項

ユーザーは本サービスの利用に関し、次の行為を行ってはなりません。
事実を誤認させることを目的とした虚偽の事実を内容とするデータ、あるいは偽計、信用毀損、業務妨害などを目的としたデータのアップロード。
依頼を行っているユーザーを偽って行うデータのアップロード。
当社から指定されたユーザー以外の第三者による本サービスの利用。
商標権、著作権、営業秘密その他掲載により他社の法律上の権利を侵害し、あるいはユーザーが開示を行う正当な権利を有しない内容を掲示するデータのアップロード。
大量のデータのアップロード、その他当社の運営または他のユーザーの利用を妨げる行為。
上記の項目に違反、もしくは当社が判断した場合は、本サービスの不正利用者に対して、予告なしでサービス利用権利を停止することがあります。

4.メールの内容について

 本サービスが配信する電子メールのいかなる情報も、株式や債権などの購入・売却の勧誘や投資アドバイスの目的で作成されたものではありません。

5.機密情報の保護

当社は、ユーザーが当社に対して開示した機密情報を保持し、これが第三者に対して開示、漏洩されることのないよう合理的な措置を講ずるものとします。

ただし、その開示が裁判所の判断により命ぜられる場合、または犯罪の捜査、第三者に対する権利侵害の排除もしくはその予防、その他これに準ずる必要性ある場合には、その必要性の限度において例外とします。

6.本規約の変更

当社は予告なく本規約を変更できるものとします。また当社が変更を行った場合、変更後の規約が本サービスの提供されるウェブページに掲載されたときから直ちに、変更後の内容が適用されます。

7.準拠法・管轄

本規約は、日本法を準拠法とし、日本法にしたがって解釈されるものとします。万一、本サービスまたは本規約に関連して当社とユーザーの間で紛争が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。
EEA域内の居住者の個人データについて、EU一般データ保護規則(GDPR)に準拠して対応しています。

8.協議

本規約に定めのない事項が生じたときは信義誠実の原則に従い協議し、解決するものとします。

以上